随意筋である骨格筋を刺激してみると・・・

荷物を持つ時、随意筋である骨格筋を刺激します。

その時、骨格筋はブドウ糖をエネルギー源として筋収縮をし、骨格筋はグリコーゲンを分解し、肝臓はグリコーゲンの分解、膵臓はグリカゴンの分泌が起こると言われています。

交感神経β作用亢進により、グリコーゲンの分解、グリカゴンの分泌がされます。

随意筋は体性神経に支配されていますが、骨格筋・肝臓・膵臓の血糖調節により自律神経反射がみれないか、1拍1拍で心拍変動解析を行っているReflex名人で実験してみました。

 

随意筋である骨格筋の白筋(速筋)を刺激した時の自律神経反射を実験してみました。

①4.35㎏のバーベルを持つ ②8.45㎏のバーベルを持つ

という単純な実験です。

 

結果は、

①4.35㎏のバーベルを持つと交感神経が上昇する(交感神経β作用が上昇する)。

②8.45㎏のバーベルを持つとさらに交感神経が上昇する(交感神経β作用が上昇する)。

という結果が読み取れます。

骨格筋の白筋(速筋)刺激は、骨格筋内のグリコーゲン分解、肝臓のグリコーゲン分解、すい臓のグルカゴン分泌を

生理反応として引き起こしており、交感神経亢進(交感神経β作用)という自律神経反射が惹起したものと推察されます。

Follow me!