サポートデータによるサポート依頼

クロスウェルにサポートデータを送信することによって、meijinに関するお問合せや不具合の調査を依頼することができます。
サポートデータには以下のデータを含みます。

  • サポートツールに入力された内容
  • ソフトウェアの動作や操作の記録(ログファイル)
  • 該当日以降の測定データ(血圧や心電波形等のバイタルデータ)
  • 個人情報を除いた被検者情報(バイタルデータと個人情報は紐づきませんのでご安心ください)
  • コンピューターシステムやネットワークの情報
  • スクリーンショット(任意です)

サポートデータを作成・送信する

サポートデータの送信には、インターネット接続が必要です。
インターネット接続がない場合は、USBメモリーをご用意ください。
(データをUSBへ保存し、インターネット環境のあるPCから送信が可能です。)

1.meijinまたはスタートメニューからサポートツールを起動します。
(お使いのmeijinのバージョンによってはサポートツールを内蔵しておりません。サポートツールをダウンロードしていただけるよう準備しておりますが、今後のサポートのためにもバージョンアップをおすすめいたします。当社営業担当にお問合せください。)

2.各項目を記入して「同意事項に同意し、サポートデータを送信します」を押してください。

■ インターネット接続がある場合  (   

次のように表示されたら送信成功となります。当社担当より連絡を差し上げます。
(サポートデータの作成と送信には数10秒程度かかる場合があります。データ量や通信回線の速度によって異なります。)

■ インターネット接続がない場合


3.「インターネット接続の確認」画面が表示されますので、USBメモリーをPCに接続し、OKボタンを押してください。

4.「フォルダの参照」画面では、USBメモリーのドライブを選択してOKボタンを押してください。


5.USBメモリーにサポートデータが保存できると「サポートデータ作成完了」画面が表示されますので、OKボタンを押してください。

6.USBメモリーに保存したサポートデータを、インターネット接続のあるPCから送信します。

インターネット接続のあるPCにてUSBドライブを開き、「CrosswellSupportTool.exe」を起動します。

1.で入力した画面が表示されますので、「同意事項に同意し、サポートデータを送信します」を押してください。

2.の画面が表示されたら送信成功です。当社担当より連絡を差し上げます。

サポートデータ送信のためのインターネット接続について

サポートデータはSSL暗号化された通信にて送信されます。
ファイアウォールやセキュリティソフトウェアで接続可能なアドレスを制限している場合は https://cs.crosswell.co.jp へのアクセスを許可してください。