結果のタイプを分かりやすく、親しみやすくするために、動物のキャラクタでの表示・印刷が可能です。
設定画面でフェイルマーク・キャラクタの選択が可能です。

タイプ分類
安静時・起立時のCVRR(自律神経活動)、交感神経タイプから9つのタイプに分類