HRV名人ではmeijin解析のノウハウをもとに不整脈・ノイズを自動除去し、解析します。

1拍ごとの解析結果の4列目の「データ安定性」の
「ST」は計算対象として採用されたことを示すフラグです。
「US」「I1」「I2」はリズムの乱れ(ノイズや不整脈等)により計算対象から除外したことを示します。

区間内のデータ数のうち、自動除去されたデータを除いたデータの割合を安定[%] として表示します。