時間領域解析であるCVRRは心拍変動のゆらぎの大きさの変動係数です。
周波数解析は光の成分(色)をプリズムによって分けるのと同じ原理で、複数の波からなる変動をその成分に分解し、各成分の大きさ(パワー)をスペクトルとして表します。
薬理遮断による実験から、低周波LF成分は交感神経と副交感神経の両方の活動を反映し、高周波HF成分は副交感神経のみ反映することが証明されています。

自律神経活動のトーン成分分解CVRR (単位%)
=(R-R間隔の標準偏差/R-R間隔の平均値)×100時間領域解析周波数解析洞結節洞結節発火周期1拍1拍の発火周期を変えている
心拍は交感神経、副交感神経の影響を受け一拍ごと速くなったり、遅くなったり揺れ動いています。この揺れ動きを周波数解析すると副交感神経成分と交感神経成分を推測することが可能になります。この手法を心拍変動解析と言い1980年代に確立されました。

時間領域解析であるCVRRは心拍変動のゆらぎの大きさの変動係数です。
周波数解析は光の成分(色)をプリズムによって分けるのと同じ原理で、複数の波からなる変動をその成分に分解し、各成分の大きさ(パワー)をスペクトルとして表します。

 

meijinでは周波数解析のみならず、時間領域解析を同時に行います。
瞬間的な反射を捉えるために、30秒のデータ長を1拍ごとに、MEM法による周波数解析を行います。