心拍変動解析による 自律神経機能評価の新たな知見 発見

きりつ名人ヘルスケア

 

「きりつ名人ヘルスケア」は「きりつ名人」の研究用仕様をなくし、簡単に測定し、起立時の心身の反応をわかりやすく結果を印刷することに特化させました。

測定操作を画面で説明したセルフモード搭載
タッチパネルによる簡単操作
測定後自動印刷機能

画面のメッセージに従い、生年月日、性別の入力を行い、クリップ(電極)を装着。
座った状態で1分半、起立した状態の2分半の簡単モードによる計測を行います。
タッチパネルによる操作が可能で、クリップの装着方法は画面表示し、正しく信号がとれているかを自動判定した後、計測を開始するため、正確な測定を可能にします。測定中は音楽を流すことも可能です。

ストレスチェック搭載 (オリジナル問診も可能*)

 

 

 

 

 

 

厚生労働省ストレスチェック29項目の問診搭載。きりつ名人の結果とともに問診結果の出力が可能です。ストレスチェック以外にもオリジナル問診の対応も可能です。(*有料)

大手企業での151名「きりつ名人」での測定の結果、自律神経機能の健常者は44%でした。
厚生労働省の統計で、勤労者の6割が疲れを感じているという結果と合致しているのかも知れません。注意群は14%、22人。うち、要注意群は5人いました。そのうちの1名が、後に休職をしたという事実があります。そのことから、きりつ名人では結果に応じて、受診を促すメッセージ表示機能を搭載しました。(選択可能)

お気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Copyright © meijin倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.