心拍変動解析による 自律神経機能評価の新たな知見 発見
学術情報

心拍変動解析に関する論文

きりつ名人 測るだけで生活習慣改善のきっかけに

企業でのきりつ名人測定後のアンケートの結果から、参加者の9割以上が自分のメンタルヘルスに関心を持っているということがわかりました。それをグラフ化してお知らせします。

交感神経反射過剰タイプから心房細動へ

きりつ名人は精度を含めたバージョンアップをこれまでに行っていますが、解析の元となる心電図の波形を保存しており、再解析機能、データコンバート機能などにより、過去のデータも最新バージョンで評価することが可能です。今回は膨大なデータの中から、ある特定個人の約7年間のデータを、交感神経タイプ・自律神経活動から分析してみました。

メンタルヘルスと自律神経機能の乱れ 30代働き盛りと50代熟年入口世代

メンタルヘルスと自律神経の関連について、30代の働き盛りと50代熟年入口世代を分析。「30代働き盛りは、反射過剰。50代熟年入口世代は反射低下で、自律神経活動低下。」

アテローム性動脈硬化症と起立性低血圧の重症度

きりつ名人を活用した論文の紹介です Atherosclerosis of the carotid bulb is associated with the severity of orthostatic hypotensi …

起立負荷による自律神経反射と慢性疲労

起立負荷による自律神経反射は自律神経機能をあらわす(The CFIDS Association of Americaの報告) 起立性調節障害(Orthostatic Intolerance: OI)と慢性疲労症候群 (C …

起立試験に対する心拍回復の速度: 死亡の強力なリスクマーカー

■27330018 (pubmed) Speed of Heart Rate Recovery in Response to Orthostatic ChallengeNovelty and Significance C …

心拍数変動に対する心拍数の影響

■23986716 The effect of heart rate on the heart rate variability response to autonomic interventions. 自律神経介入に対 …

心血管自律性ニューロパシーは2型糖尿病の大血管リスクファクターに関連している

■24876410 Cardiovascular autonomic neuropathy is associated with macrovascular risk factors in type 2 diabetes …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © meijin倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.