meijinシリーズのソフトを組み合わせて、瞬間から経時的な自律神経の変化まで広く 研究・臨床でご活用いただけます。

例えば

■ 企業(個人)とのデータ連携により早めに不調をチェック・受診を促すきっかけに

自分で気軽にストレスチェック可能な「きりつ名人ヘスルケア」を連携先の企業に設置することにより、不調が気になる時は早めに受診・相談を促すことが可能です。

 介入の前後&一日のリズム変化&日常での状態で、評価したい時には・・・

介入前後の「きりつ名人」での評価にプラスして、被検者が気軽に測定できる場所に「きりつ名人ヘルスケア」を設置、メモリ心拍計などで心電図のRーRデータを収集し、「HRV名人」で後解析することにより、介入による変化を細かく分析することが可能です。

効果とその瞬間を評価したい時には・・・

介入前後の「きりつ名人」での評価「PVT検査用ソフト」にプラスして、「Reflex名人」でその瞬間をリアルタイムに測定することにより、その瞬間の変化を機能評価が可能です。無線にも対応しており、いろいろなシーンでご利用いただけます。