心拍変動解析による 自律神経機能評価の新たな知見 発見

きりつ名人

起立負荷により自律神経機能評価をサポート

心身が健康であれば、能動的起立負荷は「立つぞ」という中枢の興奮性神経の影響と、圧受容体信号の影響により、交感神経亢進・副交感神経抑制という自律神経反射を惹起させます。きりつ名人はこの原理を利用して、高度な解析技術により、心拍変動解析による安静時だけではわからない自律神経機能を評価をサポートします。

■クリップを装着し、起立するだけの簡単操作

クリップを装着し、音声ガイダンスにそって起立するだけの簡単操作。電極(シールタイプ)を胸に貼ることも可能

■レーダーチャート きりつ名人グラフで安静時と起立時反射をわかりやすく表示

安静座位、起立、立位(起立維持)、座位の心拍変動を評価します。
血液の体内循環がおよそ1分であること、副腎髄質から分泌されるアドレナリンの半減期が40秒であることから、安静時、起立時などの各体位の1分ごとの平均値を比較し、安静時だけではわからない自律神経反射機能を評価サポートします。

■各項目の年齢標準値比較が可能

きりつ名人の健常データ*から各体位間の心拍の変化、CVRRの変化、ccvHFの変化、ccvLFの変化、ccvL/Hは年齢層ごとに正規分布し、年齢と逆相関(相関)を示していることが判明しました。これからの結果から、指標の年齢ごとの標準値を設定すると大きく低下する群、大きく亢進する群には疾患があることも示唆されました。
きりつ名人では標準基準を表示・比較することにより自律神経機能評価をサポートします。

周波数解析結果・時間領域解析結果の各体位ごとの平均値を印刷
各体位ごとの平均値・1拍ごとの解析結果グラフを印刷
きりつ名人年齢標準値(参考値)を表示

■症例でみるきりつ名人

 

お気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Copyright © meijin倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.