心拍変動解析による 自律神経機能評価の新たな知見 発見
学術情報
  • HOME »
  • 学術情報 »
  • 論文・学会発表

論文・学会発表

鍼治療時の心拍変動解析

鍼治療中の自律神経反射をReflex名人(血圧・心拍変動解析ソフト)でみてみると・・・ こんな感じで測定・・・・ Reflex名人にVideoRecorder 画面を重ねて表示しています。 (Reflex名人・Video …

きりつ名人 測るだけで生活習慣改善のきっかけに

企業でのきりつ名人測定後のアンケートの結果から、参加者の9割以上が自分のメンタルヘルスに関心を持っているということがわかりました。それをグラフ化してお知らせします。

交感神経反射過剰タイプから心房細動へ

きりつ名人は精度を含めたバージョンアップをこれまでに行っていますが、解析の元となる心電図の波形を保存しており、再解析機能、データコンバート機能などにより、過去のデータも最新バージョンで評価することが可能です。今回は膨大なデータの中から、ある特定個人の約7年間のデータを、交感神経タイプ・自律神経活動から分析してみました。

メンタルヘルスと自律神経機能の乱れ 30代働き盛りと50代熟年入口世代

メンタルヘルスと自律神経の関連について、30代の働き盛りと50代熟年入口世代を分析。「30代働き盛りは、反射過剰。50代熟年入口世代は反射低下で、自律神経活動低下。」

アテローム性動脈硬化症と起立性低血圧の重症度

きりつ名人を活用した論文の紹介です Atherosclerosis of the carotid bulb is associated with the severity of orthostatic hypotensi …

運動負荷時の心拍変動解析

Reflex名人を活用した論文です。 ■Real‐Time Analysis of the Heart Rate Variability During Incremental Exercise for the Detec …

心不全における反射性循環調節

「第2回臨床自律神経機能Forum 抄録」 ■麻野井英次 (大阪大学国際医工情報センター 慢性心不全総合治療学共同研究講座) 恒常性維持のために循環調節系は、動脈圧をモニタして自律神経系を介して血圧を一定に保つ負帰還シス …

女性ホルモンと自律神経

「第2回臨床自律神経機能Forum 抄録」 ■内田さえ (東京都健康長寿医療センター研究所 自律神経機能研究室) 女性ホルモンは左右一対の親指くらいの大きさをした約6gの卵巣で作られています。女性ホルモンのうちエストロゲ …

心拍変動解析の新たな可能性

「第2回臨床自律神経機能Forum 抄録」 ■早野順一郎 (名古屋市立大学医学研究科) 1970年代に始まった現在の心拍変動研究は、自律神経機能評価法の開発および疾患の予後予測という2つの流れの中で進んできた。前者では検 …

1 2 3 5 »
PAGETOP
Copyright © meijin倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.